tシャツ 部位 名称

ワイシャツの各部の名称の基礎知識です。 袖を通す機会が多いシャツ。各部の名称や機能性をほとんど知らずに身に着けているという方は多いと思います。 シャツの各部位によって様々な呼び方があります。 細部までを理解することで見方や選び方に役立ちます。

正式名称と特長をご紹介。 ラウンドネック.

クールネックタイプは、ラウンドネックタイプよりも襟元が狭く作られているTシャツのことを指し、 別名丸首とも呼ばれていて、最もスタンダードなTシャツの形。 photo credit : www.uniqlo.com. tシャツの主な種類(袖の長さ) 半袖型・・・・・tシャツの基本形; ロングtシャツ(ロンt)・・・・・長袖tシャツ。この厚手版がスウェット(トレーナー)。 七分袖tシャツ・・・・・肘(ひじ)より少し長い丈のtシャツ 【tシャツの主な素材】 綿100%の商品が多い。

襟(えり) “襟”とは、首を取り囲む所につけられている部分を言います。 袖山(そでやま) “袖山”とは、袖付けの山形になった部分全体の名称になります。 前立て(まえたて) 衿の先端部分。剣先ともいう。剣先の開く幅によってワイドカラーなど名称が異なる。またポイントが長いものをロングポイント、短いものをショートポイントという。良い衿の剣先はシャツの身頃に触れていて、首を回転させても浮き上がらない。 Collar stand 一般的なtシャツの形は袖の部分が分かれているタイプをセットインtシャツと呼びます。 セットインtシャツに対して袖が肩の部分から分かれているタイプをラグランtシャツと呼びます。 セットインtシャツの寸法定義はこちら クルーネック.

かぶりタイプ:Tシャツやトレーナー、パーカーetc. tシャツの風合いに影響を与える要素として、「素材」、「形状(カッティング)」、「縫製」、「プリントデザイン」を挙げましたが、今回は「形状(カッティング)」について考えてみたいと思います。 ... 各部位の名称.