音楽 配信 海外 消費税

平成27年の税制改正により、海外からのインターネットを通じて入手する電子書籍・音楽・広告・ゲーム・ソフトウェアなどのネット配信サービスに対して日本の消費税がかかるようになりました 背景には電子書籍市場の成長があるようです 関連記事 見直しにおける改正の主なポイントは以下のとおりです.

国境を越えて行われるデジタルコンテンツの配信等の役務の提供に係る消費税の課税関係の見直しが行 われました 当該. 『電子書籍・音楽・広告の配信などの電気通信回線(インターネット等)を介して行われる役務の提供を「電気通信利用役務の提供」と位置付け、その役務の提供が消費税の課税対象となる国内取引に該当するかどうかの判定基準が、役務の提供を行う者の役務の提供に係る事務所等の所在地から「役務の提供を受ける者の住所等(個人の場合には住所又は居所、法人� 逆に、国内の事業者が海外のエンドユーザーなどに提供していた電子コンテンツは課税対象外(不課税取引)となります。 【税制改正大綱】 ネット配信の電子書籍・音楽にも消費税 国内外の価格差解消 2014.12.31 12:38 産経ニュース. AmazonやGoogle等による、海外から日本へのデジタル商品のネット配信サービスの取引について、 消費税を課税することが既定路線のようです。 海外発ネット配信の消費税課税、何が問題になってるの? 「デジタル商品のネット配信サービスの取引」、典型的には電子書籍や音楽データの販売ですね。