犬 白内障手術費用 保険

白内障の手術は保険請求できるのでしょうか?結論はできます。しかし給付金がもらえずに損をしてしまうケースがあります。そこで本記事では給付金がもらない2パターンを記事にしていますので、白内障の手術が控えている人は読んでおいて下さい。 なお、白内障は手術をしてもケアや通院は必要になります。 また、白内障のどの犬でも手術が行えるわけではありません。 乾性角結膜炎(kcs)、ブドウ膜炎、緑内障、網膜剥離など他の眼疾患がある場合は、手術の適応外となります。 『白内障』と診断され、いざ手術!となったときに気になるのが手術の費用です。 南青山アイクリニックでは、保険適用の眼内レンズを使った白内障手術と、遠近両用の眼内レンズを使った白内障の手術を行っています。 どちらも日帰りで、同じ手術方法で行いますが、用いる眼内レンズによって手術の費用が変わってきます。 診療・手術料金表のご案内です。中央区銀座で犬・猫の診療、手術、トリミングなら銀座ペットクリニック。東銀座駅・築地市場駅より徒歩3分、土曜・日曜も診療しているとても通いやすい動物病院です。新富、八丁堀、内幸町、丸の内など周辺地域からの来院もお待ちしております。 ほとんどのペット保険を扱う会社では 遺伝的な白内障の手術に関しては持病と同じ扱いになり、保険が適用されません 。 犬や猫などは特に遺伝性の白内障のキャリアを持っていることが多く、動物病院でも検査が行われます。 犬の白内障 手術費用と治療費 - 初期症状の見分け方。初期症状の見分け方 - 早期発見が重要 犬の白内障は早期発見が最も重要です。 早期発見であれば、サプリメントや目薬で進行を遅らせることが可能です。 主な症状としてはワンちゃんが、歩いていて壁や人の足にぶつかるようになってきたり、暗い場所で動きが慎重になるなどが多くなってきた場合は要注意です。