消防用設備等点検報告 改修計画書 期限

・消防計画作成(変更)届出書 など 火災予防条例 関係 ・防火対象物使用開始届出書 ・火を使用する設備等の届出書 ・少量危険物・指定可燃物貯蔵取扱届出書 ・道路工事届出書 など 点検報告 関係 ・消防用設備等(特殊消防用設備等)点検結果報告書 旅館・ホテルの消防法令等適合状況に関す� 総務省消防庁予防課設備係. 消防法第17条の3の3により、消防用設備等を設置しているところの管理者は定期的に設備を点検し、 報告する義務がある 。 消防法施行規則第31条の6第3項1号、2号 により、私のような非特定防火対象物は定期的に行った点検結果を 3年に1度報告する 。 点検報告改修(計画)報告書 PDF: Word: 別記様式第1号の2の3: 消防用設備等(特殊消防用設備等)設置届出書 ※各設備ごとの試験結果報告書は 一般財団法人日本消防設備安全センター のサイトからダウンロードしてください。 (上記リンクされています。) PDF 京都市消防局 〒604-0931 京都市中京区押小路通河原町西入榎木町450の2 電話:075-231-5311(局代表) 消防の相談電話:075-231-5000(tel・fax) 消防局へのアクセス 組織一覧 開庁時間 本庁舎・各消防署:午前8時30分から午後5時15分(いずれも土日祝及び年末年始を除く) 消防用設備等点検報告制度について . よくあるご質問 | 消防相談窓口・消防テレホンサービス | サイトポリシー | ご意見・ご要望 | 各消防署・方面本部ホームページ 《お問合せ》 東京消防庁本部庁舎 〒100-8119 東京都千代田区大手町一丁目3番5号 《アクセス》 電話番号 03-3212-2111(代)

防火対象物の関係者は、消防用設備等又は特殊消防用設備等について、定期に点検し、その結果を消防長又は消防署長 に報告しなければならない。 【制度の概要】(消防法第. 消防設備点検を行った後に消防署へ提出する報告書。先日、私の担当しているビルの報告書を提出に行きました。そもそも、「提出しなさい」とか「提出しましょう」という内容が書いてあるホームページは沢山あるのですが、何をどんな風に提出するのかということまで書いてある

消防用設備に関すること。 防火対象物の査察、調査及び改修指導に関すること。 危険物製造所等の許認可及び諸検査に関すること。 液化石油ガスに関すること。 火薬類取締法(昭和25年法律第149号)に基づく許可その他同法に基づく事務に関すること。 令和元年6月28日. 消防法第17条の3の3では消防設備等を定期に点検し、用途に応じて定期的に消防機関へ報告することが定められています。この点検報告制度では一定の面積以上の規模の防火対象物では消防設備士や消防設備点検資格者等のプロが点検を実施する必要があります。

また、点検結果の判定に不良が認められる場合は別添「点検報告に係る改修(計画)報告書」(word) (別ウインドウで開く) の提出をお願いします。 詳しい内容については、消防用設備等の点検報告 (別ウインドウで開く) を確認してください。