残業代 計算 手当


残業代の計算方法を正しく理解していますか? この記事では、ビジネスパーソンであれば理解しておきたい残業代の基礎知識として、分かりやすい例をもとに、残業代の計算方法や法定労働時間と所定労働時間の考え方について解説します。

残業代などの割増賃金の計算における基礎賃金から除外される除外賃金の1つとして「通勤手当」が挙げられています。 ここでは, 通勤手当は除外賃金となるのか について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明 …

【残業代の計算 にリンクを張る方法】 ホーム / こよみの計算 / 時間・時刻; このページの先頭へ. 弊社の給与の支給項目には基本給のほか、次のものがあります。 残業手当を計算する際、その基礎となる賃金に含めるべきものは正しくはいずれかご教示頂けますと幸いです。 皆勤手当(賃金支払対象期間中欠勤なく出勤した場合に5,000円支給。) 役職手当(一定以上の職位の者に対して支給。 総務 今月は会社都合での休業があったので休業手当の支払をしているのですが、残業代を計算する場合、この休業手当は残業代の単価計算に含めないと法律違反になるのでしょうか。残業代から除いてよいのは、家族手当とか通勤手当とかはokと聞いています。 実行履歴. おうち生活に役立つ計算や、おうちでできる運動の消費カロリー計算など、役立つ計算を集めました。 ブックマーク.

正確な残業代を算出するためには『1時間あたりの基礎賃金』を求める必要がありますが、必ずしも『基礎賃金=基本給』となるわけではありません。基礎賃金に含まれる賃金は、労働基準法で除外が許される賃金以外の賃金です。本記事では正しい基本給について解説します。 残業代の計算 をする時に、営業手当や役職手当等をつけているのに、基本給のみで計算しているケースをよく見かけます。 残業代の時間単価の計算において除いても良いものは、一般的には賞与、家族手当、通勤手当、住宅手当、子供手当くらいです(他にも多少ございます)。 割増賃金(残業代・深夜手当・休日手当)の計算の方法と手順について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。割増賃金の未払いでお困りの方のお役に立てば幸いです。 賃金計算のときにいつも思うのですが、残業手当や有給休暇手当を計算すると必ずと いっていいほど円未満の端数が出ます。 この端数は労働基準法上どの程度まで処理 が認められているのでしょうか。 役職手当は残業代の計算に含める必要はないか. 皆勤手当や精勤手当は残業代計算に入れますか? 労働基準法で定める割増賃金から除外できる手当に含まれておらず、また皆勤手当・精勤手当の支給の趣旨から考えても残業代計算に含む手当になります。

残業代には、深夜労働や休日労働に対する割増賃金、その他手当が含まれることもあり、計算方法が複雑です。給与担当者はもちろんのこと、従業員も未払い残業代の有無を確認するためには、自ら残業代を計算する方法をマスターしておく必要があります。 「残業手当」とは、「1日8時間・週40時間」を超えて働いた残業時間の対価として払われる賃金のことです。「残業手当」は、会社からごまかされて居る人が多いため、本来もらうべき満額の残業手当を計算する方法と、会社に請求する方法について解説します。 もう一つの「役職手当は残業代の計算に含める必要がない」というのはどうでしょうか。 時間外手当の計算に含めなくてもいい手当、というのは、以下の7つしかありません。 家族手当; 通勤手当; 別居手当 関連ライブラリ. おうちで役立つ計算集. つまり、残業代として位置づけられた営業手当を支給していても、労働基準法に基づいて計算した残業代と比べ、営業手当の金額が下回っている場合には、その差額を支払う必要がありますから、その点には、注意が必要です。 会社から支払われた残業代・残業手当が、法律上の残業代よりも少ない場合には、会社に対して差額を請求できます。しかし、法律上の残業代をどのように計算すれば良いかについては、意外と正しく知られていないのではないでしょうか。そこで今回は、残業代の計算方法について解説します。 残業手当の単価を計算する際に除外できるのは、この7種類の手当だけ(「除外賃金」)です。 除外賃金は実態で判断されます.