日本語 文字数 世界一

こんにちは、wakです。秋ですね。寒いですね。 さて、今日もどこかから「英語は1文字1バイト、日本語は2バイト」といった雑な話が耳に入ってきて、「UTF-8で日本語はだいたい1文字3バイト!」と抗議していたのですが、エンジニアとして「だいたい」という言葉を使うのもまた雑な話です。 世界で一番難しい言語がこちら!世界には難しい言語がたくさんありますが、その中でも私が自分で学んで感じた本当に難しい言語と、別次元レベルで難しい言語を詳しくご紹介!世界一難しい言語をランキングにしました。早速ランキングの8位から難しい言語を見ていきましょう。


今回は言語についての記事です。 ・言語の話者数集計は難しい 世界で最も話者数の多い母語ランキング ・母語者数は中国語が首位 ・英語を第二言語/外国語として使用している人口ランキング ・世界で最も影響力のある言語ランキングtop10 ・インターネット上の使用言語ランキング(2020) 世界中にはいろいろな文字&筆記規則が多数存在します。何度でも言いますが「世界一合理的な文字」などこの世には存在しません! どの文字も一長一短! ただただ「その言語を表記するのに世界一ふさわしい文字」というものが存在するのみ。 世界には約3,000~7,000の言語が使用されており、億単位の人々に使用されているものから絶滅寸前のものまで、様々な言語が混在しています。このページでは、母語人口の多い言語とインターネット上の使用言語のランキングをご紹介しています。 だから、満洲文字をモンゴル文字の応用拡張とみて1種類に数えるか、別の文字として数えるかによっても違ってきます。 これやあれやで、文字の種類の正確な数を算出するのは困難です。だいたい120種前後ということになると思います。 文字数はなんと 29文字! …な、長い! 2013年にカダフィー大佐の政権が倒されて以降は「リビア国」と改名しており、残念ながら?世界一の座を明け渡すことになりました。

世界の言語数を決める上でのもう一つの要素は、言語数が変動していることです。 unescoの調査によると、世界の言語の約40%は絶滅の危機にあるといいます。