寒 霞 渓 夕日

寒霞渓ってどんなところ? 寒霞渓 撮影:dip / BUD International. 小豆島観光の絶景スポットとして人気の寒霞渓へ行って来ました。寒霞渓って読み方難しいですよね?「かんかけい」って読みます。寒霞渓は紅葉の季節が一番ベストなのですが、冬でもその美しい景色を楽しむことができますよ。冬のほうが晴 寒霞渓は小豆島のほぼ中心、星ヶ城山や四方指に囲まれた山間にあります。およそ1300万年前の火山活動によってできた岩石が、地殻変動や浸蝕によって長い歳月をかけて形を変え、現在のような姿になったとされています。 寒霞渓には表12景、裏8景、小豆島最高峰の星ヶ城への登山道があります。 片道約1時間かけて歩く登山道からは、長い年月によって創りだした奇岩怪石の表情や自生した植物を間近で観察することができます。 〜寒霞渓公式ホームページ より引用.

小豆島中央部に位置し、東西7km、南北4kmにおよぶ大渓谷が、寒霞渓(かんかけい)。花崗岩、安山岩などが浸食され、奇岩・奇峰群となったもので、古くは『日本書紀』に応神天皇が岩に鉤(かぎ)をかけて登ったとの記述から、鉤掛山、神懸山と呼ばれていました。 11月紅葉の時期、混雑していた - 寒霞渓ロープウェイ(小豆郡)に行くならトリップアドバイザーで口コミを事前にチェック!旅行者からの口コミ(103件)、写真(128枚)と小豆郡のお得な情報をご紹介しています。