子 の配偶者の 祖父母 葬式

一般的なお葬式は常識なのはわかります。 大事なのは、『妻の考え方』や『相手両親の考え』によって、祖父母の葬式の参列は左右されるということ。 ここでは、そんな配偶者の祖父母のお葬式について夫が出席すべきなのか? その次は子供、兄弟姉妹、祖父母、おじおば、曾祖父母の順に. 配偶者の父母…3日間; 配偶者の祖父母…1日間; 配偶者の兄弟姉妹…1日間; また、例えば遠くに住んでいる親族に不幸があり、その葬式に参列する場合、その移動のために1日を要することが考えられる。 そして、配偶者と話し合い、 そして喪主と相談することも忘れないようにしましょう。 「こんなこと聞いたら恥かな」と思うかもしれませんが、 葬式なんてそう何度もやるものではないので、 手慣れている方が少ないのです 。 忌引日数は短くなっていっきます。 1親等は自分の親、配偶者の親、自分の子(子の配偶者も含む) 2親等は祖父母、自分の兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹、孫(孫の配偶者も含む) 嫁の親の香典の相場はいくら包めばいいの?妻の親・嫁の親が亡くなった場合の香典は基本的には自分の親と同じ程度と考えます。妻の祖父母・嫁の祖父母の香典は自分の祖父母の香典と同程度の3〜5万円です。息子の嫁の親の香典は3万円〜10万円が目安となります。