キハダマグロ ハリス 長さ

今年は相模湾でキハダをそこそこ釣らせてもらいいい思いをさせてもらったので、独り占めしてるのもなんなので私のキハダ仕掛けをちょいと書いちゃおうと思います。乗船回数8回、キハダのアタリは10回、5.5本ゲット0.5本は海面でサメに半分食われたので、0.5で … 釣りファンを熱くさせる相模湾の回遊魚が絶好機に突入だ。8月に入って俄然20~30kg級が連発し始めたキハダマグロ、初めから4~5kg級の大型が多かったカツオはトップ10匹超えも珍しくない盛況ぶりで、両魚狙いで出る湾内の遊漁船は毎日お祭り騒ぎ。 HHはオモリ負荷200号、ハリス35号対応で相模湾のキハダマグロ・カツオ釣りには十分。 長さは最近の流行りより少し長めですが、パワーの割に長さがあるのでクッション性も高くて、12〜14号のハリスでカツオを狙う場合もハリス切れを防ぎ、バラシ難くいと思います。

キハダマグロの仕掛けは、ハリス20~24号、ヒラマサ針15~16号、長さ4.5~6m。 そういえば今回使用している仕掛けはすべて ムーさん のお手製です。 どうやらカツオ狙いもやっていいみたいだけど、船内を見渡しても誰もカツオ、やってませ … チモト補強第1回目の釣行でハリのチモトでハリス切れしたため、チューブで補強することにした。 ハリスの長さでハリのチモトと特定したわけだが、実際に魚があがってきたわけではないので絶対とは言えない。しかし、仮説→実行→検証を繰り返すしかないのだ。 長さですが現在は3~6メートルを指定する船宿が多いかと思います。私の推奨は3メートルです。「長くすれば食う」わけではありませんがロングハリスが現在は人気。コマセカゴが何個も浮いている海中は明らかに不自然。またアタリも
ハリスの役割を今一度考えてみよう 道糸は本来ハリスの代用品です。その昔天然ハリスは高価なものでした。また長さも短いものしか取れなかったのです。長さを補うため安い絹糸を渋で染めて使ったのが道糸です。逆に言えば道糸に、食いのよいハリスをつないで使ったとも云えます。

キハダマグロ[学名:Thunnus albacares (Bonnaterre, 1788)]の写真付き図鑑。食べ方・旬・産地・加工品・特産品等の情報と解説も。古くからの産地である高知、三重、九州などが近い関西でよく食べられていたもの。大阪では「本ハツ」。

キハダマグロのコマセ釣り仕掛け 天ビンは遊動式と固定式。青物には前者が有効とされてきた。走る魚にはイトが一直線に出て行くので、ハリスに天ビンとビシの抵抗がかからず、ハリス切れしにくい。だが、それらの抵抗がないぶん魚が弱ら