エクセル シート 保護 オートフィル

ロックするセル要素を選ぶ. 絶対参照は、連番にさせたくない時や、片方を固定させてオートフィルしたい時は必須とも言える便利な機能である。 ここでは、絶対参照または複合参照を利用して、任意のセルの参照を固定してコピー、オートフィルを行う方法を説明する。 オートフィル機能はエクセルの1番大切な機能だと思います。 特に、 計算式や関数を使い始めたら、当たり前のように使用します。 右下の四角 フィルハンドルを引っ張ることを忘れずに。 エクセルの標準設定では、「シートの保護」という機能をオンにすると、全てのセルが書き込みできなくなります。 もし、セルの一部に、文字や数字を入力させたいときは、これから説明する以下の方法で、セルのロックを解除してください。 作ったエクセルの資料を社内に配布したり回覧する場合とかありますよね。例えば、アンケートを作って入力してもらうとか、日報を毎日書いてもらうとか。当然フォーマットをきちんと作って配布するわけですが、どうしても一部のセルの内容の変更や、シートの名 Excel2013の自動化で、操作を省力化する代表的な機能が 「フラッシュフィル」です。これは入力されたデータの並び方にルールを見つけ、自動的に入力をするものです。オートフィルが進化したのが「フラッシュフィル」と考えるとわかりやすいでしょう。 保護されていないシートで、ロックできる要素は次のとおりです。 数式:他のユーザーに数式を見せたくない場合は、セルまたは数式バーの数式を非表示にすることができます。詳細については、「数式の表示と非表示を切り替える」を参照してください。 オートフィル機能で簡単に 連続データを入力できますが、 その機能を解除したい時があります。 そんな時には「詳細設定」で設定すれば 解決できます。 とはいえ、 『オートフィル機能を解除するには どうすればいいの?』 と困っ・・・ エクセルで1、2、3のような連続データを入力したい場合ば『オートフィル』が便利です。実は『オートフィル』は日付や曜日なども連続して入力することができます。