親テーマのディレクトリを取得するには get_template_directory_uri() を使用してください。 ローカルファイルへのリンクが欲しい場合は、 get_stylesheet_directory() / en を使用してください。 Wordpressで用意された関数、get_template_directory_uri()とget_stylesheet_directory_uri()の違いについての説明です。 By continuing to use Pastebin, you agree to our use of cookies as described in the Cookies Policy. index.phpは、トップ・カテゴリ・タグ・アーカイブ・検索結果などのテンプレートが作成されていない場合に使用される基本テンプレートです。WordPressテーマ作成5では、記事情報を出力するためのループの記述方法と全ての一覧ページのベースとなるindex.phpの作成方法をご紹介します。 OK, I Understand We use cookies for various purposes including analytics. We use cookies for various purposes including analytics. /images/foo.png"> ただし、これは親テーマのディレクトリのURIを返すことに注意。 もし、子テーマのディレクトリのURIを… 基本は get_template_directory_uri() を使う。 By continuing to use Pastebin, you agree to our use of cookies as described in the Cookies Policy. WEB制作 2015.9.11 WordPressの便利な条件分岐タグと引数の使い方 WEB制作 2015.10.13 WordPressでindex.phpとindex.htmlを同時に使う… WEB制作 2015.10.26 WordPressで税込価格を計算するショートコード-消費税10%への変… Webサイトをレスポンシブデザインへ対応する際に、画像の表示の最適化は避けては通れません。今回は、WordPressでCSSの『background』や『object-fit』を使い、バラバラの画像のサイズを自動で最適化し、レスポンシブデザインに対応する方法をご紹介します。 OK, I Understand